ICT建設技術

レーザ-スキャナ-による3D測量

☆工事名:H27多摩川戸手地区堤防整備工事
☆場所:府中市南町
☆時期:平成28年8月、平成28年11月、平成29年2月

河川工事における築堤盛土材の土砂混合や土砂分別工事において、
30,000m3以上の土砂の検測として、ICT技術(新技術)である
レーザ-スキャナ-を用いて測量を行いました。
※メリットについて
1.複雑な形状でも容易にスキャニングでき、従来行っていた
測量のための土砂整形が簡素化でき工程が短縮できます。
2.3Dによる点群測量の測点は従来の1万倍であり、より正確な
土量計算が可能となりました。
3.測量作業の人員と所要日数が1/3に短縮。
4.測量による現場中断日数が減少し、本工事の工程及び
関連工事への影響が削減できました。
また、ICT技術に関する3Dや点群処理に対応する
ソフトを導入して新しい技術に取組んでいます。

P1060831P1060828

 

 
RIMG2628P1060653

 

 

 

 

 

レ-ザ-スキャナ-測量の3D測量画像
SKM_C364e16112315190_0002SKM_C364e16112315190_0001